】両親と同居する少年の家に行きみだらな行為。別の児童買春で発覚。茨城の男(20)逮捕

NEWSの文字と人々

性犯罪事件。

両親と同居する15歳少年の自宅でみだらな行為か…20歳男逮捕

参照・参考:東海テレビ

愛知県名古屋市緑区の当時15歳の少年の自宅に行き、みだらな行為。茨城県土浦市の男(20)逮捕。

日時・場所

日時は?
令和元年11月。

場所は?
愛知県名古屋市緑区の少年の家。

状況・性被害内容

警察のマーク

愛知県名古屋市緑区の当時15歳の少年の自宅に行き、みだらな行為をするという性犯罪事件が発生。

男はツイッターを通じて知り合った少年が未成年で18歳未満と知りながら、家族と同居する名古屋市緑区の少年の家に行き、少年とみだらな行為をしたとみられる。

少年とみだらな行為をしたのは茨城県土浦市、アルバイト、T容疑者(20)で警察は4月15日までに逮捕。取り調べに対し「エッチなことはしていない」などと話し容疑を否認しているという。

別の児童買春事件で逮捕された男のスマホを調べたところ、今回の事件が発覚したという。

その他・情報

情報を聞くために耳に手をあてる女性

このような性犯罪事件が少しでもなくなることを願っております。

インターネット上の声

インターネット(パソコンとスマホ)

・ある意味、同性にしか興味を持てない方にとってはこういった出会い方しかないのかもしれないですよね。

・親は普通の友達だと思うよな…

・まあ20歳と15歳の友人関係は親からしたら不安だろうけどね。

・茨城から名古屋まで結構遠いぞ〜ご苦労さん。

・SNSを通じて出会いを求めることは、あらゆるリスクがあることを一人一人が理解することが必要。18歳未満の子供に手を出すのは論外だけど、子供が被害に遇わない様に大人が普段から子供に言い聞かすことが大事。

・その情熱と行動力を他に活かせよ。

・濃厚濃密接触だな。

・金銭のやり取りが無いなら 15際の少年の方も興味があったのかな?

・これは同意のもとならよくない?

・別の児童買春事件で逮捕された容疑者!こいつの変態性癖の更生は見込めない。簡単に釈放しないで欲しい。将来のこいつの被害者を生まないために。

・同性愛の人はノーマルな人に比べて選べる相手の絶対数が少ないから多少無理してでもチャンスは逃さない!ってなるのかな?と想像してみる。

性犯罪事件の数など

グラフとメモ帳とペン

令和元年(平成31)の強制性交件数
(いわゆる強姦)は1,405件、
強制わいせつ件数は4,900件、
合計6,305件というデータです。

これは警察が認知している数、
すなわち、届け出た件数であり、
性被害申告率は
約20%程と言われています。

そして警察庁の発表によると、
13歳未満の子供が
性被害に遭った強制わいせつ事件は、
2017年の1年間で953件発生し、
1日に2件以上起きており、
法務省の調査では、
一度、子供に手を出した犯罪者の
再犯率は、84.6%と
極めて高いことも分かっています。

下記は日本全国、
強制わいせつの性犯罪被害件数、
強制性交等の性犯罪被害件数、
平成27年から令和元年の年齢別、
についてのまとめです。

身を守るための安全防犯対策意識

身を守るための安全防犯対策意識について、
こちら(下記)にまとめましたので、
長いですが、お時間のある時にでも
読んでくだされば幸いです。

性犯罪種類一覧表

性犯罪の種類一覧表。
わいせつ行為、痴漢、盗撮、
児童買春などの性犯罪について、
できるだけ分かりやすく簡単に
こちら(下記)にまとめました。

性被害相談・児童虐待

全国共通ダイヤル #8103
一人で悩まないで。
各都道府県警の相談窓口に繋がります。
なるべく女性が対応するようです。
覚え方は「ハートさん」らしいですが、
ご自身が覚え易いのでOKです。
詳しくは⇒警察庁ウェブサイト「 #8103 」

因みに児童虐待に関しまして、
児童相談所全国共通ダイヤルは189です。
通告、相談が可能です
詳しくは⇒厚生労働省「189」

Twitter

良ければフォローお願いします。

詳しくは⇒Twitter(性犯罪チャンネル)

YouTube

文字スクロール型ですが、
インターネット上での反応も含め
性犯罪事件の動画をアップしています。
クオリティーは高くはありませんが、
もし良ければチャンネル登録お願いします。

詳しくは⇒YouTube(性犯罪チャンネル)

最後に

性犯罪の厳罰化については、
抑止にもなって個人的に賛成ですが、
それでもする人間は必ず存在します。
罪の重さを理解していない、抑えられない、
または自暴自棄になって犯罪を犯したり、
刑務所に入りたくて故意にする人間もいます。
そして、忘れてはいけないのが、
そもそも加害者側が罰を受けるのは
性被害に遭った後ということです…。
なので、先ずは性被害に遭わないように
十分に気を付けてください。

しかし、防犯意識を持ったとしても、
防げることが可能な事案は数多くありますが
全ての性犯罪から完全に防げるわけではなく、
悲しい事ですが「する人間はする」のです。

なので怪しい人物が居たら
すぐに警察へ通報したりして
パトロール強化をしてもらうべきだと思います。
性犯罪被害に遭わないため、
身を守るために防犯ブザーは必須アイテムです。
性被害に遭わないよう十分に警戒して下さい。

性犯罪を犯す人物が悪いのは当然です

個人的な意見ですが、
社会全体で「性犯罪は絶対許さない!」
という雰囲気を作る事が大切だと思います。
最後まで、お読みくださいまして
本当にありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

多くの皆様方に知っていただき、
性犯罪被害で苦しむ人たちが
居なくなるように願っています。
クリックしてくださると嬉しいです。

クリックしてくださることで
多くの人達に知らせることができます。
ご協力いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。